先輩社員紹介

工事部先輩社員紹介
工事部先輩社員紹介

松岡建設に入社を決めた理由

「地元に貢献したい」「技術者として成長したい」という二つの考えがありました。松岡建設は地元・三重県の会社であり、北勢エリアの工事実績が多くありました。私が生活する地域と活動範囲が同じであり、地元貢献に直接携われる事が魅力でした。次に、公共工事から民間工事まで幅広く仕事をしているため、いろいろな経験を積むことができ、技術者として成長できる思い、入社を決めました。 

松岡建設はこんな会社

入社後「松岡建設に決めてよかった」と思うことを紹介します。
・近年、建設会社においても新入社員育成制度が充実しつつありますが、松岡建設も他社に負けない制度があります。ですがそれ以上に先輩社員が自分の時間を割いてでも親身になって仕事を教えてくれる社風があり、のびのびと成長する事ができます。大袈裟ではなく本当の話です。ぜひ一度見に来てください!
・地元の友人や大学の同級生などに聞くと、「あの上司がさ・・・」という愚痴が多くあります。私も同様に愚痴はいっぱいこぼしますが、それを直接受け止めてくれる先輩・同僚・後輩がいます。ただ愚痴を言って終わりではなく、お互いを褒める、叱れる間柄であり、共に成長ができ、仕事の活力にもなっています。お互いが思いやる事が自然とできる温かい職場で、働きやすさは抜群です。


これが私の仕事

現場での作業は、大学時代に学んだ測量や施工写真の撮影、コンクリート等の材料発注などに従事しています。事務所での作業は、発注者提出書類や協力会社の施工図面の作成、作業員の出面の管理などしています。
入社(平成26年)してから、高速道路、国道の維持管理、木曽川の堤防工事など、多種多様な工事を経験しました。一口に「土木」といっても工事内容により進め方や必要な知識・技術は異なります。ずっと同じことの繰り返しではなく、様々な経験の積み増しがあり、飽き性にはいいかもしれません(笑) というのは冗談ですが、松岡建設は技術者として成長できる会社です。
このページの先頭へ戻る